薬剤師国家試験対策 (生物問題演習)

問題. 消化器系に関する以下の記述のうち正しいものを2つ選べ。

 

  1. 食道の筋層は、上部が平滑筋で下部が横紋筋である。
  2. 胃の前庭幽門部のpHがアルカリ側へ移動することは、G細胞でのガストリン分泌低下の要因となりうる。
  3. 膵臓は、内分泌臓器として膵液を十二指腸に分泌する。
  4. 大腸粘膜には、絨毛が存在しない。
  5. 胃は横隔膜の下に位置し、食物を一時的に貯蔵する機能を持つ。

 

{解答}4.5

  1. ×

食道の筋層は、上部が横紋筋で下部が平滑筋である。食道横紋筋は不随意筋となっている。

  1. ×

胃の前庭幽門部のpHのアルカリ側への移動は、胃幽門部(G細胞)からのガストリン分泌の要因となる。

  1. ×

膵臓は外分泌臓器として膵液を十二指腸へ分泌する働きがある。内分泌臓器としてはインスリン、グルカゴン、ソマトスタチンを血中に分泌する働きを持つ。

     5.